NETFLIX

Netflix(ネットフリックス)の特徴、他VODと比較したメリット・デメリット

この記事で分かること

様々なVODサービスを利用している筆者の観点から、Netflixのメリット・デメリット、他のVODとの違いを解説していきます。

Netflixを利用するか検討している方の疑問を解決します。

1997年にアメリカで設立されたNETFLIXは、動画ストリーミング配信の先駆けで世界の最大手ともいえる存在。

現在190か国以上で視聴でき、全世界の会員数は1億人を超える巨大動画配信会社です。

既成の動画を配信するだけでなく、2013年からオリジナル作品の制作にも着手し、多くのヒット作を生み出しています。日本でも、オリジナル作品目当てで入会する人が大勢いるようです。

VODサービスを検討する上でのチェックポイント下記について詳しく解説していきます。

  • 料金
  • 画質
  • 作品数と更新頻度
  • 対応デバイス
  • サービス面

※データは2019年3月のものです。

※huluとどちらにしようか迷っている人は↓記事の方が参考にしやすいかも。

【VOD比較】huluとNETFLIXの違い。両方使った比較レビューこの記事ではVODサービス huluとNETFLIXの違いを、私自身が両方がっつり利用した観点から比較して解説します。 どちらを利...

Netflixの料金体系

netflixには3種類の月額プランがあります。

プランによって違うのは、同時に視聴可能なデバイス数と画質の2点。

月額利用料
  • ベーシック:800円
    同時に1デバイスで視聴可能。SD(420p)標準画質
  • スタンダード:1,200円
    同時に2つのデバイスで視聴可能。HD(720p)高画質で視聴可能
  • プレミアム:1,800円
    同時に4つのデバイスで視聴可能。FULL HD(1080p)、4K画質で視聴可能
無料期間初回申込後31日間

家族で利用する際などに、同時に複数のスマホやPC、テレビで違う作品を見たい場合にはスタンダードかプレミアムに入会する必要があります。

netflixの画質はプランによって異なる

netflixはプランによって画質が異なります。

ベーシックプランはSD画質(420p)まで。スマホなどの小さい画面ならさほどストレスなく視聴できますが、やっぱり粗い画質だなーと思うことは多々あります。タブレットやPC、テレビなどの大きな画面で視聴するのはちょっとストレス溜まるかもですね。

スタンダードプランだと、HD画質(720p)まで。スマホなら全く問題なく見れます。タブレットやPCでも粗さを感じることなく見れます。テレビの大画面で視聴する場合はちょっと物足りないと感じることもあります。特に環境ドキュメンタリーなどキレイな映像が大事な作品の場合ですね。

プレミアムプランだと、FULL HD(1080p,UHD)や4K画質です。テレビの大画面でも非常にキレイと感じる画質で視聴可能です。ただ、逆にスマホや小さめのタブレットなどの解像度が低いデバイスで視聴するだけなら、HD画質で十分で、FULL HDや4Kにしてもさほど違いを感じないと思います。

画質に関しては、女性の身体が映っているような適当なYoutube動画を再生してみて、「歯車マーク」から、1080p、720p、480pと選択して見比べると、どのくらいの画質なのかわかります。

最近は4K(2160p)の動画もたまに見つかりますので、4kもチェック可能です。

NETFLIXの作品品揃えについて

VODを選ぶ上で一番気になるのが、「見たい作品が沢山あるかどうか」ですね。

各ジャンルの作品品揃えを解説していきます。

NETFLIXの海外ドラマ・TV

NETFLIXの海外(西洋)ドラマ作品は、全部で300タイトルほど。全て見放題です。

NETFLIX最大の特徴は、かなりクオリティーの高いオリジナル作品が豊富にあること。300タイトルのうち、200タイトル以上はオリジナル作品です。

特に↑の画像を見ても分かるように、公開年の新しい作品になるほど、ほとんどの作品は「NETFLIX」と赤いロゴが入ったオリジナル作品だとわかります。

よくあるしょぼいB級オリジナル作品ではなく、大手テレビ局並みに製作費をかけて作っていることが見てみると分かります。世界最大手のVODだけあって、持っている予算のケタが違います。

しかもほとんどのオリジナルドラマは、1シーズンまとめて配信されるので、イッキ見できるのもGOOD。テレビ放映のドラマのように、気になるシーンで終わって「つづきは1週間後」なんて、かったるく思えてきます。

 

ただし、逆に言うと、オリジナル作品が多いので、一般的に有名な海外ドラマを沢山楽しみたいっていう人には向いていないかも?

とはいえ、有名な鉄板の海外ドラマである、マーズ、12モンキーズ、SUITS、ウォーキング・デッド、シャーロック、ブレイキング・バッド、ゴシップガール、グレイズ・アナトミー、LOST、CSI、フレンズ、ERあたりは見放題で揃っています。

見つからない有名作品だと、例えば、Twenty Four、プリズン・ブレイク、アグリー・ベティ、BONES、ゲーム・オブ・スローンズ、GONE、ウェントワース女性刑務所、ヴァンパイア・ダイアリーズ、HOMELANDなどでしょうか。

NETFLIXの日本ドラマ(国内ドラマ)

NETFLIXの国内ドラマは、↑画像のように「国内TV番組・ドラマ」ジャンルの中に含まれています。国内ドラマでは、NETFLIXのオリジナル作品はほとんどありません。

国内ドラマ作品は、あまり多くなく、50作品ほど見つかります。(ウシジマくん、勇者ヨシヒコシリーズ、孤独のグルメシリーズ、GTO、民王、深夜食堂、新ミナミの帝王、アットホーム・ダッド、僕のヤバイ妻、鬼嫁日記、アンフェア、シグナル、南くんの恋人、おっさんずラブ、モテキ、アラサーちゃん、幻夜、株価暴落、ダブルミーニング、白鳥麗子でございます!、楽園、明日の約束など)

現在テレビ放送中の見逃し配信はありません。他VODにはあるのでマイナスポイントですね。

国内ドラマを楽しむなら、日本の会社が運営しているU-NEXTやFODなどがオススメになりますね。

NETFLIXの韓流・華流ドラマ

NETFLIXの韓流ドラマ・華流ドラマ作品は、全部で100タイトルほど。全て見放題です。

韓流50タイトル、華流50タイトルくらいです。オリジナルは20タイトルほど。

オリジナル以外は2018年の新しいドラマは7タイトル、1017年14タイトル、2016年23タイトル、2015年13タイトル。

古くも無いが、タイトル数が少ないのであまり満足度は高くないジャンルですね。

NETFLIXの洋画・韓国アジア映画

NETFLIXの洋画作品は、全部で1500タイトルほど。全て見放題です。

そのうち、NETFLIXオリジナルは400タイトル程度。特に直近1年くらいは追加更新されたタイトルのうち8割はオリジナル作品。

2015年以降の興行収入の多かったヒットタイトル140作品のうちで配信しているのは10作品程度と少なく、有名作品の品揃えは期待できないですね。

その有名な10作品は、パシフィック・リム、トランスフォーマー ロストエイジ、レディプレイヤー1、ダークナイト、ランページ、イット、海底47m,ラ・ラ・ランド、ジャスティス・リーグ、マンマ・ミーアなどです。

 

NETFLIXの韓国・アジア映画は、全部で250タイトルほど。全て見放題です。

韓国映画が100本、香港や中国といったアジア映画が150本ほど。オリジナル作品はほとんど無いです。

新作更新はさほど高くなく、2018年2本、2017年1本、2016年17本、2015年10本といった感じです。

NETFLIXの邦画

邦画と日本アニメ映画が720タイトル程度。全て見放題です。

全体的に興行収入の高い人気作品はほとんど見つからず、マイナー作品が多いです。

2015年以降の作品は260本ほどですが、興行収入の高かった2015年以降の邦画75本中で配信しているのは17本です。

2010~2014年では240本程度。

トリック ラストステージ、ルパン三世 次元大介の墓標などがあります。

NETFLIXのバラエティ番組

NETFLIXのバラエティは、全部で270タイトルほど。全て見放題です。

そのうち150タイトルは、アメリカ番組がメインのNETFLIXオリジナル。

ただ、日本のバラエティ番組は、タイトル数こそ少ないですが、非常に良質で人気なものが見放題で揃っています。

フジテレビとの協働でオリジナル番組「あいのり Asian Journey」や「テラスハウスALOHA」を毎週更新しています。

またテレビ放送したテラスハウス8シーズン全て、人志松本のすべらない話、水曜どうでしょう、M-1グランプリは今までの放送分全てが見放題です。

このあたりの有名番組が見放題なのは他のVODには無いところで素晴らしいですね。

NETFLIXのドキュメンタリー

NETFLIXのバラエティは、全部で150タイトルほど。全て見放題です。

基本的にはnetflixオリジナルで、一部BBCなど制作の海外ドキュメンタリー番組。

日本のドキュメンタリー番組はありません。

NETFLIXのアニメ

NETFLIXのアニメは、全部で400タイトルほど。全て見放題です。

最新だと、ソードアート・オンライン、盾の勇者の成り上がり、転生したらスライムだった件、はたらく細胞、ゴブリンスレイヤー、SSSS.GRIDMAN、JOJO、ラブライブなどがある。

ワンピース、幽遊白書、スラムダンク、ドラゴンボール、聖闘士星矢、牛着の海のナディア、ドラえもんなどがありかなり豊富。

特にドラえもんが豊富で、テレビシリーズから劇場版までそろっている。180タイトルくらいあり、ここまで豊富なのはNETFLIXくらいです。

NETFLIXのキッズ向け

キッズ向け番組は、アニメとの重複も一部あるが、全部で500タイトルほど。全て見放題。

キッズ作品も400本ほどあり、「ゴーカイジャー」「仮面ライダー」などの戦隊モノや、「しまじろう」「セーラームーン」「ポケモン」「プリキュア」「妖怪ウォッチ」「ドラえもん」など王道アニメも見ることができます。セーラームーンがあるのは珍しいです。

ただし、名探偵コナンは無いですね。

また外国アニメも豊富で、スポンジボブ、きかんしゃトーマス、マダガスカル、ミッフィー、カンフー・パンダ、シュレック、など200タイトルがあります。

知育ジャンルで、いないいないばぁっ!やおかあさんといっしょなどの歌番組、ハローキティで英語を学ぶ番組、にほんごであそぼなど。

またアメリカの子供向け番組を日本語に吹き替えたものも100タイトルほど。

ただ、ライセンス契約がないためか、ディズニー作品はほとんどないので、ディズニー好きな人には物足りないかも。

 

NETFLIX作品の要点まとめ
  • 海外(アメリカ)ドラマは鉄板は結構揃っているが、huluほど完璧ではない。NETFLIXでしか見れないオリジナル作品が大量
  • 国内ドラマ・韓流・華流ドラマは期待出来ない
  • 洋画・邦画ともに有名作品はほとんど無い
  • 国内バラエティは非常に高品質で他VODで見つからない作品がある
  • アニメやキッズは他VODと同じくらい。

 

NETFLIXはマルチデバイスで視聴可能

せっかくのVODを利用するならスマホだけじゃなくて、テレビなどの大画面でも見たいですよね。そんなとき大事なのが、マルチデバイス対応かどうか。

NETFLIXの動画は、パソコンやスマホ、タブレットだけでなく、テレビやゲーム機でも動画を視聴できます。

対応デバイスは下記の通りです。

  • TVアプリ
  • Windows・Mac
  • iOS・Android
  • Amazon Fire TV
  • Chromcast
  • Apple TV
  • PS4/PS Vita

NETFLIXの機能面。ダウンロード、音声切替

一部の動画については、タブレット、スマホでのダウンロード視聴が可能です。事前にダウンロードしておけば、通信環境が無い所でも視聴できるので便利です。

そして、NETFLIXは多国籍展開しているだけあって、作品によって字幕や音声が5種類から選べるという利点があります。

英語、ポルトガル語、日本語、広東語、韓国語に対応しているので、ドラマや映画を見ながら語学勉強もできて、一石二鳥かも。

NETFLIXアプリの使い方。メリットとデメリットNETFLIXはパソコンのブラウザやTVなどでも視聴可能ですが、スマホやタブレットのアプリを使うことでより便利に利用可能です。 N...

NETFLIX公式サイトへ

NETFLIXの特徴 まとめ

メリット

  • NETFLIXオリジナルドラマが秀逸
  • NETFLIXオリジナルバラエティ番組も面白い
  • 配信作品は全て見放題

デメリット

  • huluのようなリアルタイム配信がない
  • バラエティ・アニメ以外で、オリジナル以外の作品ラインナップが少ない
  • ディズニー作品がない

こんな人にNETFLIXはおすすめ

  • NETFLIXのオリジナル作品を視聴したい
  • 海外ドラマは鉄板有名作品が見れれば十分

ここに当てはまらなければ、huluやU-NEXTがオススメです。

[利用レビュー]huluの特徴、他VODと比較したメリット・デメリット この記事で分かること 実際にhuluを2年以上利用している筆者の観点から、huluのメリット・デメリット、他のVODと...
【VOD比較】huluとNETFLIXの違い。両方使った比較レビューこの記事ではVODサービス huluとNETFLIXの違いを、私自身が両方がっつり利用した観点から比較して解説します。 どちらを利...
U-NEXT徹底解説!利用レビューや他VODと比較したメリット・デメリット この記事で分かること U-NEXTを利用するか検討している方の疑問を解決します。 実際にU-NEXTを1年以上利...