VODサービス

ビデオパスの特徴 と口コミレビュー。メリット・デメリットは何?

月額利用料562円(税抜)
無料期間初回申込後30日間
配信本数見放題10,000本以上

ビデオパスは、au回線利用者だけが利用できる動画配信サービス。
対象者がau利用者だけなのに、見放題作品が1万本もあってかなり本格的。機能面もなかなか優れています。
利用価値は大アリなので、au利用者なら一度、無料視聴を試してみるべきでしょう。

 

動画配信サービスVODランキングを見る

ビデオパスの品揃えについて。

ビデオパスは、特に国内ドラマとアニメカテゴリーに力を入れていて、現在テレビ放送中のドラマやアニメの見逃し配信が豊富にあります。

シリーズドラマの場合、最新作の放送に合わせて過去作品も一挙に配信しているので、あらすじをおさらいすることも可能。最新作をより楽しめます。

 

旧作アニメは、「アンパンマン」「妖怪ウォッチ」など幼児向け作品だけでなく、「ガンダム」「宇宙戦艦ヤマト」といった往年の人気作や、中高生以上を対象とした深夜アニメも多数揃っていて、子供から大人まで幅広い年代に対応したラインナップです。

海外ドラマについては、「24」「プリズンブレイク」など旧作の有名作品はほとんど揃っていますが、新作の配信は若干遅め
この点は、リアルタイム配信のあるhuludTV、新作配信の早いU-NEXTより劣ります。

韓流ドラマについても、メジャーな旧作は豊富にありますが、新作の配信は遅いようです。

洋画・邦画のラインナップがGOOD!

ビデオパスでは、映画も良質の作品が多数配信されています。
劇場公開された新作はもちろんあるし、旧作についても有名作品が多く、B級作品は少なめ。
映画好きなら、どれもこれも見たくなるラインナップだと思います。

洋画、邦画だけでなく、ディズニーアニメ映画も豊富。
ディズニー系動画はライセンスの取得が難しいのか、配信している動画配信サイトは少ないのですが、ビデオパスはディズニーアニメを積極的に配信しているようです。

 

↓ 30日間無料視聴キャンペーン中

ビデオパス公式サイトへ

ビデオパスでもらえるコインについて。

ビデオパスを有効活用するには、コインをうまく使うことがカナメとなります。
ビデオパスに登録すると毎月540コインがもらえて、1コイン=1円としてレンタル作品の視聴に利用できるんです。

ビデオパスのレンタル料金は、映画(200~500円)、ドラマ(260~400円)、アニメ(200~400円)となっていて、コインでレンタル購入すると、指定された日数の間だけ視聴することができるシステム。

新作映画はたいてい500円(税抜)=500コイン なので、毎月貰える540コインでちょうど新作一本が視聴できるということ。

月額利用料562円で見放題作品を楽しみつつ、もらえるコインで新作映画も見られるなんて、コスパ的に最高ではないでしょうか。

コインには使用期限があり、1回目に支給されるコインは、無料期間終了までが期限。
2回目は60日後までで、3回目以降は翌月末までに使わなければ無効となってしまいます。
ムダの無いよう使いこなしたいですね。

 

ビデオパスの特典! もらえる割引券とは?

さらに、ビデオパスに入ると、映画館のチケットが割引になるという特典があります。
TOHOシネマズと、ユナイテッド・シネマ/シネプレックスでの鑑賞券が安くなるので、映画館によく行く人にとってはうれしいサービスです。

劇場でのポップコーンも安くなるというおまけも付いてますよ。

ダウンロードできる? 使用できるデバイスは?

ビデオパスは、スマホ、タブレット、パソコン、テレビ(Chromecast、Smart TV、Smart TV Srtick、Apple TV)で視聴可能。

機能面もかなり優れています。

まず、ダウンロード機能があるので、かなり便利!
ダウンロード対象作品のみになりますが、スマホやタブレットに動画を落として、端末から直接視聴できるんです。
通信環境が悪いところで視聴する時やパケット量が気になる時も、事前にwi-fi環境でダウンロードしておけば、いつでもどこでも動画を視聴することができるので、かなり使い勝手が良い。

ただ、デバイス上に保存できる作品は5つまでという制限があり、6つ目をダウンロードしようとすると、どれかを1つ削除しなければいけません。

それから、ビデオパスの動画は、画質もキレイ。
作品によりますが、高画質HDでの視聴も可能です。
でも、ストリーミング配信で画質をHDにすると、大量のパケット通信が発生してしまうので、注意が必要。
スマホやタブレットで高画質で視聴する時は、ダウンロードしてから見ることをおすすめします。

さらに、再生中に10秒早送りできる機能や、スマホで見ていた動画を途中からテレビに切り替える機能もあり。

スマホ画面の縦横切替もできるので、人混みの中では縦表示にすると、人の目を気にせずに動画を楽しめます。

支払い方法について。

これだけ質の良いサービスなら、誰でも使えるようにしてもらいたいものですが、残念ながらビデオパスはau会員のみ利用可能です。

支払い方法も、au電話料金と合算となります。

また、ビデオパスは、1契約で複数デバイスでの同時視聴はできないので、家族で使いたい場合は、一人一人がauのアカウントを作る必要があります。

4人以上で使う場合は、1契約で4アカウントまで作れるU-NEXTの方が安く利用できますよ。

↓ 30日間無料視聴キャンペーン中

ビデオパス公式サイトへ

ビデオパスの特徴 まとめ

メリット

  • 月額料金が安いのに見放題作品が多い。
  • 毎月コインがもらえてレンタルに利用できる。
  • 映画割引特典がある。
  • テレビ番組の見逃し配信がある。
  • 映画の品ぞろえが良い。
  • ダウンロードできる。

デメリット

  • au回線利用者しか申し込めない。
  • 海外ドラマの新作配信が遅い。

こんな人にビデオパスはおすすめ

  • au回線利用者である
  • 安く動画を楽しみたい
  • ドラマやアニメの見逃し配信を利用したい
  • 映画をよく見る
  • 映画館によく行く
  • スマホやタブレットで動画をよく見る

 

ビデオパス利用者の口コミ・レビュー

ずっとauのスマホを使っているので、ビデオパスも3年以上は利用しています。安いしキャリア決済できるのが良いと思う。映画の新作を自宅PCで観るのが趣味です。 (24歳 機械製造業)
テレビドラマの見逃し配信や過去ドラマをよく見ています。夜に観たい番組をダウンロードして、朝の通勤電車で観るようにしています。 (28歳 銀行勤務)
アプリで視聴しているとたまに途切れることがある。月1度のログインしなおしが面倒だけど、安全に利用するためには必要と思っている。値段の割に内容が良いので、おおむね満足している。 (35歳 不動産会社勤務)
韓国ドラマが観たくて利用し始めたけど、見た事のある作品ばかりだったのが残念です。でも、映画やアメリカのドラマは見たかった作品が見放題だったので、今コツコツとみている最中です。 (32歳 ネイリスト)

 

あわせてチェックしたいVODサービス

どのサービスも2週間~1ヶ月間、無料視聴できます。全て試してみるのも良いですね。